• サイトウのこだわり
  • ネットショッピング
  • 店舗案内
  • イベント情報
  • 新規会員登録

無添加日記

東海テレビ「ぴーかんテレビ」に取材されました!

東海テレビ「ぴーかんテレビ」に取材されました!

 

5月19日(月)東海テレビ「ぴーかんテレビ」内のワンコーナー「彦摩呂のヒコマル食堂」にてサイトウが取材されました。彦摩呂さんはとっても気さくで、心優しい方でした。笑顔も素敵で、握手にも気楽に応じて頂きました。
 
放映されたデータをそのままお見せできれば一番いいのですが、放映権や著作権の問題などで動画を掲載する事が出来ません。代わりに放映された内容を流れでご紹介します。

 

 

木曽川河川敷

ナレーション グルメリポーター彦摩呂が東海地方の最高に美味しい食材を探す旅。今日はどんなグルメが登場するのか?「彦摩呂食堂 食材探訪編」
彦摩呂 さて、ここ犬山に、世界的に評価されている食材があると聞いてやってきたんですよ。どんな食材でしょうね?
スタジオ彦摩呂
さぁ、やってきましたのは愛知県犬山市。実はこの街に世界で評価された大人気の食材があるというんです。早速その食材を作っているというお店に訪ねましたよー。

 

サイトウ店内

彦摩呂 こんにちは。あ、どうも、こんにちは。あ、ご主人ですか?どうも初めまして、彦摩呂ですー。
サイトウ谷口 どうも。
彦摩呂 ちょっと見させて頂いていいですか?
サイトウ谷口 はい、どうぞ。
彦摩呂 これですね、ソーセージ!えー、色んな種類がありますね。
サイトウ谷口 そうですね、はい。
彦摩呂
あの、世界から賞賛されている食材と伺ってやって来たんですけども、ソーセージの事なんですね。
サイトウ谷口 そうですね、はい。
スタジオ彦摩呂 私が訪ねたのは、なんと犬山市にある無添加ハムのお店「サイトウ」。こちらではなんと50種類以上のソーセージが作られていまして、どれもこだわりのものばっかりなんです。さぁ、しかもですね、店内には世界で評価された証…数々の賞状が飾られてたんです。
彦摩呂 ご主人、このソーセージ、世界の金賞のソーセージ、ちょっと試食させてもらっていいですか?
サイトウ谷口 えーと、よろしいですけども、今日はですね、今ちょっと工場の方で焼き立てでお勧めのものがありますので、こちらをお勧めしますので…。
彦摩呂 焼き立てのお勧めのものがある?
サイトウ谷口 はい。
スタジオ彦摩呂
実は他にソーセージ・ウインナーをしのぐ絶品食材があると言うんです。そこで、特別に工場の中へ入れて頂く事にしました。

 

サイトウ工場

サイトウ谷口 この中に入っております。
彦摩呂
この中に入ってますか?(扉を開ける)うわー!!ベーコンや!めっちゃいい匂いする。これベーコンですよね?こうして吊るして作っているんですか?
サイトウ谷口 そうですね、はい。
スタジオ彦摩呂
なんと、目の前に出てきたのは巨大なベーコン!もう肉厚で下からは美味しそうなものが滴り落ちてましたよ。もちろん仕込みもこだわってますよ。何日も何日も時間をかけて氷温熟成した豚バラ肉を使用してるんですねー。
 
(手作業で吊るす風景)そう、ひとつひとつ全部手作業なんですよ。これをね、吊るしていくんですけどもね、こんなハンガーも見た事無い、初めて見ましたよ。まさに「豚肉の紳士服売り場やー」。
 
さぁ、これを後は巨大な蒸し器の中へ。およそ6時間ほど燻すんですね。もちろん、この時にもこだわりがあるんです。ベーコン作りに大切なもの…こちら、ブナの木のチップなんです。これを使用する事で、旨みと香りが増すんですって。そして、温度を調節しながら待つ事6時間。世界で評価されたこだわりのベーコンが完成するんです。表面は飴色に輝き、本当にもう美味しそうー!
彦摩呂
見てこれ。うわー、裏側もこれ。重たいなー!かー、食べたいなー!ちょっとこれ食べさせてもらう事できますか?
サイトウ谷口 えー、出来ますよ。

 


 

試食
 
スタジオ彦摩呂
さぁ、そこでこの出来立てのベーコンを食べさせて頂く事に。まずは断面、これ見て下さいよ。
彦摩呂 もう肉汁が溢れていますね。
サイトウ谷口 そうですね。
スタジオ彦摩呂
どうですか、この厚さ。これをこうやって焼くんですよ。このままでもいただけるそうなんですが、より美味しく味わうためには両面を軽く炙るのがコツなんだそうです。
 
どうですか、この脂。ピカピカやー。これがサイトウ自慢のベーコンなんですー。こんな分厚いの食べるの、ホント初めてでしたよ。
彦摩呂 では、早速いただきます。
サイトウ谷口 あ、ちょっと待って下さい。こちらをつけて是非食べてみて下さい。
彦摩呂 え、なんですか?
サイトウ谷口 どうぞわさびをつけて食べてみて下さい。
彦摩呂 えー?わさびをつけて食べるんですか?
サイトウ谷口 そうです。
サイトウ店長 ドイツからマイスターがいらっしゃいましてね、ここで技術指導して頂いているんです。で、その方がわさびを切ったところにすっとつけて、それを食べられたんですよ。
スタジオ彦摩呂 ドイツの人に教わったという食べ方。わさびを添えて食べるのが、このベーコンを美味しく食べるポイント!使えますよ、家庭でも。
彦摩呂 (ベーコンを試食)うわぁ!!合う!!あの、わさびのピリッとしたさわやかな感じと、ベーコンのこの脂の旨みと、又、ベーコンの甘みみたいなのも引き立てられますね。
サイトウ谷口 そうですね、はい。
サイトウ店長 ありがとうございます。
彦摩呂 しかし、このベーコン、めちゃめちゃ美味しいですよ。こうやって食べると、ものすごい美味しいですね。
サイトウ谷口 ブロック(で食べるの)が、一番美味しいですね。
彦摩呂 この肉自体の旨みとかもダイレクトに味わえますもんね。
サイトウ谷口 そうですね。
スタジオ彦摩呂
ところが、まだお勧めの逸品があったんですよ。
彦摩呂 うわー!
サイトウ谷口 焼豚です。
彦摩呂 焼豚?チャーシューですか?
サイトウ谷口 そうです。
スタジオ彦摩呂
実は、こちらのお店ではチャーシューも作っているんです。こちらも手作りのこだわりの逸品。ベーコンと並ぶ大人気商品なんですよー。美味しそうでしょ?
 
そしてご覧下さい、この断面。こちらも脂たっぷりですよー。で、軽くホットプレートで焼き上げます。こちらも分厚いですよー。もちろん、これもいただいて来ました。
彦摩呂 (焼豚の試食)ハハハハハ…ウマイですねー。豚がサッパリとちょっとして、焼き目の旨みが又違いますね。

 

サイトウ店内

スタジオ彦摩呂 さぁー、こちら、ソーセージ、ウインナー、ハムやベーコン、何でも揃ってるんですよ。豚肉好きにはたまりません!
テロップ 彦摩呂コメント評価は?
サイトウ谷口 えっ、すごく良かったです
彦摩呂 そうでしたか。
サイトウ店長 素晴らしい…。
彦摩呂 わっははは、あの、その気を遣って頂いている笑顔が痛いです…。すいません。

 

スタジオ

彦摩呂 さー、いかがでしたでしょうか?あの、美味しいー…
平野裕加里 美味しそう!お邪魔しまーす
彦摩呂
これ見てみ。焼けてんねんでこれ。これ、ほら。
平野裕加里 ベーコンもですけど、これだけ食べたって、そりゃ美味しいですもん。美味しいに決まってますもん。
彦摩呂 サイトウさんのところの焼豚ですよ。
平野裕加里 焼豚を炙っています。
彦摩呂 炙っています。
平野裕加里 これだけで、そのままで食べられるのに、わざわざ焼いています。
彦摩呂 1回焼き目がつくと美味しさがアップするんねんて。
平野裕加里 香ばしいわー。出来立てみたいな風になるんですかねー。
彦摩呂 今日の彦摩呂食堂は、この焼豚を使って、もう美味しい美味しい簡単料理をね…
平野裕加里 ちょっと一手間をかけて。
彦摩呂 そうそうそう。
大東めぐみ でも、そうだよね。要は脂分が溶け出す事によって旨みがね…
平野裕加里 で、ちょっと温かくなるから。
彦摩呂 表面がこうカリッとして香ばしさが出ますからね。
大東めぐみ いい香りがしてきた。
彦摩呂 してきたでしょー?
福島智之アナ 犬山にそんなお店があったんですねー。
彦摩呂 そうなんですよ。
平野裕加里 あんな本格的なお店が。
彦摩呂 ソーセージで有名なんですけども、やっぱりベーコン、チャーシューは人気なんですよね。
平野裕加里 あんな風に作ってたんですねー。
大東めぐみ うちの息子は小さい時、サイトウさんとこのハムは生のままで食べてましたね。
平野裕加里 知ってたんですか?
大東めぐみ うち犬山なので。
平野裕加里 そっかそっか。
大東めぐみ サイトウさんのハムで大きくしてもらって。
彦摩呂 そうかー、無添加でー。
大東めぐみ いやー本当に、小さい子にも安心。
彦摩呂 これね、カリっとこう焼き目がついた、これねちょっと…
平野裕加里 取り出しています。
大東めぐみ 焼くとテイストが変わるね。ちょっとね。
平野裕加里 ちょっとね。
大東めぐみ 普通、焼く事無いもんね。
平野裕加里 そのまま切って食べますもんね。
大東めぐみ 切ってラーメンの上に乗っけるみたいな感じだもんね。
彦摩呂 さー、そいでね、今日はこのフライパンのこれをね、肉汁をこのまんま使って、このチャーシューの脂でキャベツの千切りをサーっと炒めます。
平野裕加里 又、キャベツは炒めると美味しいやーねー。
彦摩呂 そうなんですよ。さぁ、ここでね、お塩、そしてコショウ…
大東めぐみ いやー、ちょっと待って、この香りすごいねー。脂の?甘―い感じの、何だろう?
福島智之アナ めっちゃお腹すいてきますね、コレ。
彦摩呂 塩コショウしますよー。もー、サーっと(炒めるくらい)でいいんです。で、ちょっとキャベツのシャキシャキ感が残るくらいの方が美味しいですよ。今もう春キャベツですからね。甘みがありますからねー。
平野裕加里
お肉とキャベツは合いますね。
彦摩呂 そうなんです。そこに、さー盛り付けていきます。お茶碗にご飯を入れてあります。ご飯の上にこの炒めたキャベツを乗せまーす。そして、そこに焼いたジューシーな焼豚を並べていきますよー。そこに温泉卵!はいー!
平野裕加里 もう、ゴールデンコンビですね。
彦摩呂 そしてここにタレをー…
平野裕加里 これね、焼豚のタレ。
大東めぐみ
甘い感じの?
平野裕加里 ちょっと甘い感じでね、焼豚のタレを…これ、ちょっとキャベツにかけて食べると美味しいです。
大東めぐみ 美味しいよねー。
平野裕加里 まだ終わりません。
彦摩呂 サルサソース!市販のもので結構です。ピリ辛をちょっと加える事でアクセントになって、又美味しさも増しますよ。これお好みでどうぞ。
平野裕加里 ちょこっとずつ食べて、最後に混ぜて食べても。
彦摩呂 はいー、完成でーす。
平野裕加里 出来ました!簡単美味しい焼豚丼温卵のせ。
彦摩呂 焼豚丼温卵のせー。
福島智之アナ 素材がいいから簡単な料理でもすごく美味しいんでしょうね。
大東めぐみ ホント、これご馳走ですよねー。
彦摩呂 食べてみて下さーい。
平野裕加里 焼いた焼豚。焼焼豚。
大東めぐみ (焼豚丼の試食)何この肉汁!
彦摩呂 でしょー?
大東めぐみ ウマイ!
彦摩呂 いや、チャーシューって、本当パサつく感じがするやん。ないない。すっごいジューシーやねん。
大東めぐみ えー、うまーい。
彦摩呂
さぁさぁ、この美味しいチャーシュー丼。彦摩呂食堂にメニューとして加えさせて頂きます。はい、こんがりジュースィー焼豚丼温卵のせ、完成です。
平野裕加里 はい、最後に今日の彦摩呂語録をお願いします。
彦摩呂 まさにチャーシューの3匹の子豚やー。

 

 

こんがりジュースィー焼豚丼温卵のせレシピ(1人分約600kcal)
 
材料(2人分)
焼豚…6枚 温泉卵…2個
サラダ油…大さじ1 焼豚のたれ…適宜
キャベツ…2枚 サルサソース…適宜
塩こしょう…少々 ご飯…2人分
 
作り方
1. 焼豚は大きければ半月に切っておきます。キャベツはせん切りにしておきます。
2. 焼豚をフライパンで焼き、取り出します。
3. サラダ油を足して、キャベツを炒めて塩・こしょうで味を調えます。
4. ご飯を盛った丼に、3のキャベツをしき、その上に2の焼豚をのせて、タレをかけます。
5. 温泉卵をのせて、サルサソースを添えたらできあがり!
 

 

サイトウよりheart

 

彦摩呂さんには取材中、「ベーコン」と「焼豚」を試食して頂きました。取材終了後にはスタッフの方々にも試食して頂きましたが好評だったようです。放映されたものを動画でご紹介できると良いのですが、色々と問題がありますので流れだけでも楽しんで下さい。
 
サイトウではこの他にもTV、ラジオ、新聞、雑誌等の取材申し込みをお待ちしております。お気軽にお問い合わせ下さい。是非本物のハムとソーセージを多くの人に知って頂きたいと思っております。
 
 
 

>> 取材のお申し込みはこちら

カテゴリ > メディア取材

投稿日時:2008年05月19日

検索
最近の記事
カテゴリ
アーカイブ

ページトップへ