• サイトウのこだわり
  • ネットショッピング
  • 店舗案内
  • イベント情報
  • 新規会員登録

無添加日記

K.I様 (愛知県犬山市)

初めて手づくりウインナー教室を体験しました。材料はあらかじめ用意されており、手順も一つひとつの工程で実践を交えながらわかりやすく説明して下さったのでとてもわかりやすかったです。作業は5人1組のグループになって行いましたが、皆で順番に肉を混ぜたり、とても和気あいあいと楽しく取り組むことが出来ました。レバーを使って羊腸に肉を詰める作業の力加減が一番難しく感じましたが、ちゅうちょせず思い切って力を入れてやってみたら案外スムーズに肉が入り良かったです。

 

出来上がったウインナーはボイルをして食べましたが、プリプリとして歯ごたえも良く、更に手作りの喜び、満足感もありとっても美味しかったです。お土産として頂いたウインナーはその日のうちに薄く油をひき炒めて食べましたが、ボイルとはまた一味違うジューシーさがあり家族にも好評でした。なかなかできない貴重な体験をさせて頂きありがたく感謝致しております。ありがとうございました。

 

 

サイトウよりheart

 

皆さんと和気あいあいと楽しくウインナー作りが出来たようで良かったです。ウィンナー教室は、会社の同僚と一緒に利用したり、同窓会などでも利用すると大変楽しいと思います。又、学校のPTAや子供会にも大変喜ばれております。初めての体験が参加する方の気持ちを高揚させるのかもしれませんね。是非又ご参加下さい。

カテゴリ > 手作りウインナー参加者の声

投稿日時:2012年10月29日

N.N様 (愛知県犬山市)

「サイトウ」と言えば「ハム・ソーセージ」のイメージが強く、いつかはウインナー教室に参加せねば!と思っていたところ、有り難く機会に恵まれ、本場ドイツのマイスター直伝のウインナー作りを体験でき興味深いひとときでした。
 

まず教室では…初めて「羊の腸」を見た驚き!!どうやって腸がこの状態になっているの…!?「腸」ってどうなってたの!?そこが今回、最も興味深いところでした。しかし教室では既に美しくセッティングされており、注射器の様なものに取り付けスルスルとお肉を充てんするのみ!とは言えこの充てん作業がウインナー作りのクライマックスです。
 

うすーい膜が破れそうでこわごわ…パンパンになったり、細くなったりと簡単に見えて案外難しいのです。そして肉が詰められた腸をまるでバルーンアートの様にいつ破裂するかヒヤヒヤ、ドキドキしながらクルクルねじったりする感触も他では得られない体験でした。
 

アウトドア料理で何度かチャレンジしてみた「燻製」もプロの技を体験してみたかったのですが今回はボイルでした。出来たてのウインナー試食では、プリプリの食感、無添加の素朴な味わい、そしてほのかにドイツの香りが…やはり手作りは他には無い美味しさと感激が有りますね。これは家ではできないな~と完敗です。とても満足なウインナー教室でした有難うございました。

 

 

サイトウよりheart

 

感想を読んで、楽しさがこちらにも伝わってきました。ありがとうございます。「バルーンアートの様に」という表現が何とも面白いですね。確かに、初めてねじる時は、バルーンアートように破裂しないかドキドキしますね。

カテゴリ > 手作りウインナー参加者の声

投稿日時:2012年10月29日

高校生Tさん (愛知県名古屋市)

前に一回作ったことがありました。しかし、ここはウインナーにカレー粉を入れるのでまた違う感じでした。カレーのウインナーはとてもおいしかったです。
 

肉を作る時、たまねぎやカレーのスパイスをまぜてから、最後に氷を入れて氷が溶けるまでモミます。ウインナーの形を作るとき、空気が入ったらだめで気を使いながらやりました。羊の腸に肉を詰める時、つめすぎると破裂してしまって大変でした。やっぱり職員の人はうまく、助けてくれました。ウインナーはとってもおいしかったのでまた作りに行きたいです。

 

 

サイトウよりheart

 

今回のウインナー教室では味付けのトッピングとしてカレー粉をご用意致しました。今後は又違うトッピングもご用意したいと考えております。みんなで楽しく作る手作りのウィンナーは、きっと世界でひとつしかない最高のウィンナーです。是非また作りに来て下さい!

カテゴリ > 手作りウインナー参加者の声

投稿日時:2012年10月29日

高校生Uさん (愛知県名古屋市)

優しく丁寧に教えて頂いたので、とても分かり易く楽しくできました。ウインナーを作る工程は難しかったですが、上手にできた時の達成感はすごく印象に残ります。自宅では出来ない貴重な体験でした。自慢したいことです。
 

最初に「氷が溶けるまで混ぜて」という作業をしているときは、手が冷たくて感覚もなくなって辛かったですが、そのぶん楽しかったし、食べるまでのわくわくもひとしおでした。教えてくださった方のように上手に出来たら格好いいなあと思います。練習する機会はないですが、またやることがあったら嬉しいです。
 

ウインナーが腸に見えたりして最初は触ることにちゅうちょしましたが、どんどん慣れて最後は素手で触っていました。楽しくなっていました。色が普段とちがうウインナーは、普段のウインナーよりおいしかったです。ハムも頂いてありがとうございました。おいしかったです。お世話になりました。ありがとうございました。

 

 

サイトウよりheart

 

氷が溶けるまで混ぜる作業はとても冷たくて辛い作業ですが、出来た時の喜びはひとしおだと思います。サイトウではベテランのマイスターが皆さんにわかりやすく指導しています。わからない事がありましたら、お気軽に聞いて下さいね。

カテゴリ > 手作りウインナー参加者の声

投稿日時:2012年10月29日

豊橋市立東陽中学校の訪問学習にて

ウインナーを作るときの衛生面、ウインナーの種類、出荷量、商品を提供するときに心がけることなどが分かりました。

予想していた以上にウインナー作りは大変でした。全部が同じ大きさ、ウインナーを作るときには空気が入らないようになど、心がけることがたくさんあり、ウインナー作りの大変さを知りました。

 

 

サイトウよりheart

 

実際に体験をして頂く事が訪問学習でも大切だと思い、ウインナー作りをして頂きました。実際に作ってみて、ウインナー作りの大変さがわかって頂けたかと思います。触れて感じた記憶はずっと残りますので、いい経験が出来たのでは…と思います。

カテゴリ > 手作りウインナー参加者の声

投稿日時:2012年10月29日

豊橋市立東陽中学校の訪問学習にて

工場での温度管理にはよく気をつけないといけないということを知ることができました。

ウインナー作り体験では親切に教えていただいたおかげで、とても良い体験ができました。ウインナーとてもおいしかったです。肉の脂までもを石けんとして使っているのはすごいなぁと思いました。
 

 

サイトウよりheart

 

サイトウでは「生命を大切に」という理念を持っています。命を頂くのですから、余分な所、無駄な所、捨てる所の無いように使い切る事が大切だと思っています。

カテゴリ > 手作りウインナー参加者の声

投稿日時:2012年10月29日

豊橋市立東陽中学校の訪問学習にて

会社内はそれほど広くはなかったけど、設備は最新式のもので製造ラインにもびっくりしました。

場所も駅から近くてとても分かりやすかったです。案内をしてくれた人は、すごく親切にソーセージの作り方や機械についていろいろと説明をしてくれました。社内見学をさせていただいてとても感謝して います。


 

 

サイトウよりheart

 

外国(ブラジル)人の生徒さんでしたので、最新設備や製造ラインに興味を持たれたようです。サイトウはそれほど大きく無い会社ですが、信念と技術力ではどこにも負けないと思っています。

カテゴリ > 手作りウインナー参加者の声

投稿日時:2012年10月29日

豊橋市立東陽中学校の訪問学習にて

仕事の辛さがわかりました。また、貴社が豚や牛をとても念を入れて選んでいるということもわかりました。僕は-2℃の冷蔵庫に入ったことと、ソーセージを作ったことはとても印象に残っています。

ブナの木の発想はとてもすごいと思いました。本当に仕事について深く知る事ができました。
 

 

サイトウよりheart

 

仕事は辛い時もありますが、楽しい時がほとんどです。本当に好きな仕事をしている時や、仕事に誇りを持っていると辛さを感じさせません。冷蔵庫に入る経験はなかなか出来ませんので、いい経験をしたのでは無いでしょうか?

カテゴリ > 手作りウインナー参加者の声

投稿日時:2012年10月29日

豊橋市立東陽中学校の訪問学習にて

ウインナーやハムなどを作る時に使う肉は氷を溶かしながら練っていって、肉の中の脂を溶かさないように練っていくのがとても難しいという事がわかりました。練っている時に15℃以上に上げると脂が溶けてしまって、肉の美味しさが落ちてしまう事もわかりました。

商品を作る事がどれだけ大変なのか深く知る事ができました。

 

 

サイトウよりheart

 

ウインナーやハムは、練る時が難しい加工品です。どうしても人の体温が移りますので、脂を溶かさないように冷やしながら、素早く作業しなくてはいけません。おいしさを追求するためには譲れないこだわりです。

カテゴリ > 手作りウインナー参加者の声

投稿日時:2012年10月29日

豊橋市立東陽中学校の訪問学習にて

ウインナーの生地の温度調節やどれくらい茹でたらいいのか、ウインナーの皮の部分は何だったのかがわかりました。またウインナーの生地を羊の腸に入れる時や、-2℃の冷蔵庫に入った時の感じが特に印象に残っています。

また、1日に約100kgのウインナーを作ると聞いてびっくりしました!!他にもウインナー以外の製品では約350品目も取り扱っていて驚きました! また、お客様に商品を提供するために心がけることなどを深く知ることができました。

 

 

サイトウよりheart

 

ウインナーの皮が何か知らない人も多いかと思います。主には豚や羊の腸を使いますが、サイトウでは天然腸にこだわって使用しています。天然腸はハリが違いますので、パリッとした食感が出ます。これもサイトウのこだわりのひとつです。

カテゴリ > 手作りウインナー参加者の声

投稿日時:2012年10月29日

検索
最近の記事
カテゴリ
アーカイブ

ページトップへ